サンカルロ・ホンダ・グレシーニ欠場

セパンで起こった事故を重く受け止めサンカルロ・ホンダ・グレシーニは次戦の最終戦バレンシアGPの欠場が濃厚。
http://www.gpone.com/
お菓子屋さんと仲間達

マルコ・シモンチェリのチームメイトで最高峰クラス唯一の日本人ライダー青山博一は有終の美を飾ることなくMotoGPから去る可能性が高まった。
ヒロッシー
これで現在世界一速く、世界一有能な日本製オートバイに乗る日本人ライダーはいなくなった。

走ればガタゴト、止まればブルブル、ホンダに盆栽具合ではかなわないと誉めてもらったハーレーダビッドソンに乗る日本は東京ドーム数個分いるのに…

そんな事は置いといて…

メインスポンサーであるイタリアのお菓子メーカーのサンカルロ社から可愛がられていたシモンチェリを失った悲しみは大きいはず。

チームオーナーのグレシーニさんも意気消沈しておりバレンシアは欠場を決めた模様。

青山のヒロッシーはなでしこジャパンより前に世界チャンピオンになった男なんですけどね。

国民栄誉賞どころか貯金魚グッズも貰えない世界チャンピオンですけど何か?


そんな2009年の250ccチャンピオンの青山博一

ちなみに2008年の250ccチャンピオンはマルコ・シモンチェリ

チームとしては致し方ない決断なんでしょうがヒロッシーには痛い展開。

悲しみにくれた同郷のドビツィオーゾ(通称ドビオ)。

少し落ち着いたら思い出す。
「あっワテは来年テック3と契約してしもたんや」と。

不慮の事故で誰も予想もしてなかった展開だが物事は進んで行く。

結果的にサンカルロ・ホンダ・グレシーニの来期シートが2つ空いてしまった。

生粋のホンダ育ちでも来期のホンダマシーンを確保できなかったドビオ。

グレシーニは青山を切ってHRC契約のシモンチェリと未発表のミスターXとで2台体制を予定していた。

本来ドビオの入る隙はなかったはずが…


誰が悪いワケでもないがシモンチェリの残した傷は大きい。




R.I.P. Marco SIMONCELLI










テーマ : MotoGP
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

青山は走らせてあげたいよね これじゃ不完全燃焼
でも、もしかしたら残留って話になるかもね

もっちゃん先生

日本人の心情としてはHRCなら青山1人を走らせる体制ぐらい簡単に整えれるやろ~なんて思うんですけどね。

Moto2も不参加みたいですね。
青山ばかりか高橋もいないバレンシアとなりそうです。

ホンダ本社の鶴の一声でドビオのTカーを取り上げるとか…

エリアスのも取り上げて高橋も(笑)

No title

連日、連日、恐縮でございます。

シモンチェリ関連の記事が気になりまして・・

そうですか・・チーム全体で喪に服しますか。

青山にしてみれば走りたいのも山々なんでしょうが・・

思い返せば、2009年なんかシモンチェリが最終戦でコケた時は、手を叩いて大喜びしてましたっけ・・

青山がチャンピオン決めたんで。

スーパーバイクでビアッジのインに無理くり入ってった時もこいつ・・

原田、カピロッシ事件のニホイがする奴だ・・いけ好かん!なんて思ってましたっけ。

今年のペドロサ鎖骨事件の時もやっぱし!みたいに。

2009年の250ccで凌ぎを削ってた同期生?が今年のモトGPをたくさん走ってましたが、

その筆頭だったシモンチェリがいなくなって、モチベーションがプツッときそうな・・

あ、長い・・





長いついでに、マレーシアの観客たちがレースの中止を告げるアナウンス後、ブーイングしている様がモータースポーツ後進国の姿をまざまざと見せつけられた気がします・・見世物小屋の見世物そのものなんでしょうか・・彼らにとってのレースは。

インディの死亡事故の時のアメリカではそんなことはなかった。
死者を悼み、皆で追悼LAPを5周した・・。
日本はどうなんでしょう?

hitomさん

連日コメントありブログになって嬉しい限りです。

青山はどうなるんでしょうね…
出来れば出場を願いますが時が時だけに…

いっそのことヤマハのロレンソ枠かテック3のエドワーズ枠から参戦いっちゃいますか!

しのぎを削った元250bc勢はもとよりロッシ、ドビオの同郷勢もガクッときてるでしょうね。
特にロッシは…

富沢の時は赤旗すら出ませんでしたが今回は即赤旗。
よくよく考えればエリアスは両方で走ってますね(^o^;

レース中止発表後のブーイングは自分も気になってました。
仮にもサーキットへ足を運んでいるんですから自身もオートバイに乗ってる、モータースポーツが好き、もしくは関心のある方々だと思うんですがアレはいただけませんでしたね。

年に1回の楽しみでせっかくサーキットまで足を運んだのにって気持ちはわかりますが時と場合の空気読めないさんが多かったのでしょう。

モータースポーツ途上国に格下げされた日本なら間違いなく涙に暮れたのではないでしょうか。
だって世界最高峰のレースに4万人足らずしか集まらないんですから。

ある意味マニアの集まりでしょ(笑)
きっとモータースポーツ好きの金持ちオヤジに誘われただけの夜の蝶だって愛人だってライダーの死にブーイングくれてやる事はしないでしょう。

No title

バイク良いですね。
昔は、レースをやったりしたので、割と2ストに乗る機会が多かったですね(笑)
今は、中々余裕も無く乗ることが少なくなりましたが、
刺激になりました、また遊びに来ます。

ランキングポッチと応援しておきました!!
ブログ内容は違いますが、気が向いたら遊びにきて下さい!!
ポチっと応援頂いたら尚うれしいです(笑)

Mrウィッグマンさん

またいつか乗ってください!

きっと昔より楽しいかもしれませんよ♪
プロフィール

栗マン蔵

Author:栗マン蔵
旧マン蔵の曲芸走法
2009年12月09日に改名しました。
ホームページ
~世界征服への道~

初めて訪れた皆様へ
スポーツスター専門サイト
20120708001250208.jpg
Advertisement
Advertisement
電工2種取得を目指す人はこちら
電気工事士のいろいろ
ブログランキング

にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ

FC2Blog Ranking

マン蔵商事オススメ
スポーツスターオーナーが
自ら開発、販売するショップ 883r-jp_x150f.jpg
PADDOCK_2017051911390327f.jpg
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
スポーツスター本
スポーツスター・NV350にオススメ
ブログ内検索
最近のトラックバック
娘の記録
記念日カウンター
NV350キャラバンカウンター
RSSリンクの表示